ロキソニンについて

値段が安いロキソプロフェン錠「クニヒロ」は効かないのか?の答え

 

AmazonやドラッグストアでロキソニンSを買おうと思った際に、市販のロキソニンSより値段が安いロキソプロフェン錠「クニヒロ」と言う薬を目にした人も多いのではないでしょうか。

実際にロキソプロフェン錠「クニヒロ」の販売価格はロキソニンよりもかなり値段が安い事がほとんどです。

 

しかしそこで疑問な事が

本当にロキソプロフェン錠「クニヒロ」は効くのか?

どうしてロキソニンSより値段が安いのか?

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」とロキソニンは効果は同じなのか?

と言う事になりますよね。

 

そこで今回はロキソプロフェン錠「クニヒロ」とロキソニンSの違いや効果について詳しく紹介していきたいと思います。

特に「安い分効かないのでは?」と不安な人はぜひ参考にしてみてください。

 

ロキソプロフェン「クニヒロ」とロキソニンSの違い

ではまずロキソプロフェン「クニヒロ」とロキソニンSの違いを痛みへの効果・効くまでの時間・成分・値段などを中心に紹介していきたいと思います。

痛みに対する効果は同じ

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」は効能効果がロキソニンSと全く同じです。

使い方も1回1錠1日2回まで(症状が再度現れたら3回目も可)となり同じになります。

 

【効能効果】

●頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
●悪寒・発熱時の解熱

 

効き始めるまでの時間も同じ

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」もロキソニンSも効き始める時間はほぼ同じです。

共に飲んで約30分後が最も効果を発揮します。

これは試験を行いその結果を元にロキソニンSとロキソプロフェン「クニヒロ」はほぼ同じと認められたものが発売されています。

 

入っている成分も同じ

ロキソニンS錠もロキソプロフェン「クニヒロ」も共に「ロキソプロフェン」という成分が配合されています。

このロキソプロフェンという成分が痛みを和らげてくれることになります。

 

ちなみにロキソプロフェン錠「クニヒロ」もロキソニンSもこのロキソプロフェンと言う成分しか配合されおらず、他の成分は一切配合されていません。

 

販売方法も同じ

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」もロキソニンSも第1類医薬品に分類されていますので、どこのドラッグストアやネットでも購入可能ではありませんので注意してください。

 

いずれにしても薬剤師の販売が義務付けられていますから、薬剤師のいるお店やネットでしかロキソプロフェン錠「クニヒロ」もロキソニンSも購入する事はできません。

 

定価もほぼ同じ

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」の定価は648円(12錠)になります。

ロキソニンSの定価は700円(12錠)です。

 

すると「ロキソニンと同じ値段ならばロキソニンの方がいいのでは?」と思うかもしれませんが、実際の販売価格はロキソプロフェン「クニヒロ」の方がかなり値引きされて販売されており、一方のロキソニンSはほぼ値引きされていませんので、実際の販売価格を比べるとこの2つはかなり異なります。

特にロキソプロフェン「クニヒロ」はかなり値引きされている事が多く、中には1箱が定価の半額以下で購入できる所も多いです。

ですから実際の販売価格を考えればロキソプロフェン錠「クニヒロ」はかなり安く購入可能となります。

 

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」が安い理由

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」がロキソニンSと違う点は添加物が異なります。

これはいわゆる「ジェネリック医薬品」の様な関係です。

 

「ジェネリック医薬品」をご存知の方も多いかと思いますが、ジェネリック医薬品とはメインとなる成分は同じで、添加物のみを変えて作られたものになります。

例えばロキソプロフェン錠「クニヒロ」はロキソニンSと同じ主成分になりますが、添加物が異なります。

主成分:痛みを抑えるメインとなる成分で、ここではロキソプロフェンが該当

添加物:薬を作る際の添加物。メーカーにより異なる

 

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」の添加物

乳糖水和物、セルロース、ポビドン、部分アルファー化デンプン、クロスポビドン、無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、三二酸化鉄(ロキソプロフェン「クニヒロ」HP

 

ロキソニンSの添加物

ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、乳糖水和物、三二酸化鉄(ロキソニンSHP

 

主成分は同じ「ロキソプロフェン」です。

 

では問題は「添加物が異なると効果はどうなるのか?」という話しになりますが、効果はほぼ変わらないと思って頂いて結構です。

少なくともロキソニンのジェネリックが劇的に効果に影響を及ぼした結果、全く効果がないと言った事はまず考えられません。

 

そしてジェネリック医薬品は添加物を変えるだけになりますから薬を創る研究費が安く、またCMなどで宣伝する事もありませんので、その分安い値段で販売する事が可能になるんです。

 

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」は病院より安い?

ロキソニンを病院で購入するよりもロキソプロフェン錠「クニヒロ」を買う方が遥かに安いです。

ですから月に数回頭痛や生理痛で使用するならば市販のロキソプロフェン錠「クニヒロ」を使用する方がおすすめです。

もしロキソニンを毎日飲まないといけない場合は、そもそも一度病院でしっかり診察してもらう方がいいため、市販のロキソニンを長期で使うのは避けましょう。

 

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」の効果が不安な人へ

しかしそうは言ってもやはりジェネリックの様な薬は「効かないのでは?」と不安になってロキソプロフェン「クニヒロ」もロキソニンSと比べて効きが悪いと考える人も多いかと思いますが、その誤解を解消していきたいと思います。

効かないのは主観的な思い込みが大きい

例えばジェネリックに代えて薬が効かなくなったと言う「ウワサ」を聞いた事がある人もいるかと思います。実際に薬が効かなくなった経験がある人も少なからずいるはずです。

ではロキソプロフェン錠「クニヒロ」は安いからと言って使用しない方がいいのでしょうか。

その答えはNOです。

 

ジェネリック医薬品の中には確かに「主観的なもの」が影響することが多い場合もあります。

例えば「安いと効かないのではないか?」と言う不安や、薬をジェネリックに変更した事が気になり「これまで先発品(ジェネリック医薬品に対して従来の薬を先発品と言います)では効いていたのに、ジェネリックにした途端効かなくなった」と言う人もいます。

 

しかしその様な主観的な影響があるケースは少数派です。

それに特に主観的な影響が多いのは睡眠薬系などの薬が多く、ロキソニンなどの痛み止めに関してはそこまで効果に影響を与える事はありません。

 

また最初はロキソプロフェン錠「クニヒロ」を使ってみて「効果がないからロキソニンSに切り替えた結果、痛みへの効果が劇的に変化した」なんて事はまずありえませんので注意しましょう。

 

ジェネリックが効かない時でも問題なし

もしそれでも効果がいまひとつと思ったのであればジェネリックを止めればいいだけの話しです。

 

今回で言えばもともとロキソニンSを使っていたけど値段が安いロキソプロフェン錠「クニヒロ」を使ってみて、効果が悪くなったと思った時は再度ロキソニンSに戻せばいいだけです。

 

それに同じ成分の薬を使っていますので、効果に劇的な違いを感じる事はほぼないでしょう。

そもそも痛みの度合いによってはジェネリックに関わらず、ロキソニン自体が効かない場合もありますので注意してください。

 

ジェネリック医薬品の普及率は80%が目標

日本のジェネリックのシェアは2020年末までに80%を目指しており、現在もジェネリックのシェアは右肩上がりになっています。

 

つまりジェネリック以外を使う事の方がレアなケースになりつつあり「安いから効かない」と言う事はありません。

特に市販のロキソニンSなどは保険が効きませんから、保険が効く薬よりもダイレクトに値段に響いてきます。

ですからジェネリックに抵抗がある人も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」がおすすめな人

ではロキソプロフェン「クニヒロ」がおすすめな人を挙げると以下の人になります。

これまでロキソニンSを使ったことがない人

ロキソニンSを普段使っているが使用回数が多い人

Amazonなどネット通販を利用する人

これらの人にロキソプロフェン錠「クニヒロ」がおすすめです。

 

まずこれまでロキソニンSを使った人がない人は純粋に薬の効果を判断できます。これがロキソニンSからの変更となると主観が入る可能性があります。

 

またロキソニンSを使う回数が多い人はやはり気になるのが値段です。

1箱700円程度するロキソニンSを毎回購入するのは財布にも優しくありませんよね。

しかし店頭価格で半額以下で発売されているロキソプロフェン錠「クニヒロ」ならばより購入しやすいです。

 

 

そしてドラッグストアにロキソニンSは置いてあるけど、ロキソプロフェン錠「クニヒロ」は置いていないと言うお店もあると思います。

中にはロキソニンSすらも販売していないドラックストアも珍しくありません。

しかし2017年4月からAmazonでもロキソニンS及びロキソプロフェン「クニヒロ」は購入する事が可能となりましたので、近くでロキソニンが手に入らない人はぜひネットを利用してロキソニンSを購入しましょう。

 

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」が効かない場合

もしロキソプロフェン錠「クニヒロ」が効かない場合にロキソニンSを選ぶことは正直おすすめしません。

主成分は同じになりますので、効果としてはほぼ変わらないからです。

 

ではそんな時にはロキソプロフェンではない他の鎮痛剤を使用する事をおすすめします。

 

ロキソニン以外で鎮痛効果の高い市販薬は「イブプロフェン」を配合している薬がおすすめです。

特にリングルアイビーα200はイブプロフェンを最高量の200㎎配合してあり、かなり強い鎮痛剤なります。

市販の痛み止め
リングルアイビーとロキソニンはどっちが安くて効くの? 今回は痛み止めとして有名なリングルアイビーに焦点を当てて紹介していきたいと思います。 そしてリングルアイビーの口コミを見て...

 

ロキソニンと同様に頭痛や生理痛にも効果を発揮しますので、もしロキソニンが効かない場合はリングルアイビーα200をおすすめします。

またリングルアイビーα200は薬剤師がいなくても購入可能になります。

 

もしそれでも全く改善が見られない場合は市販の薬では対応できない可能性が高いため、一度病院を受診するようにしましょう。

市販薬の売り方を学びたい人へ

このブログを読んでくださる方は薬剤師や登録販売者の方も多いですが、そういった市販薬を学ぶ人のための攻略本を書いています。

「参考書は広く浅く値段も高い」「自分が勉強したい分野の内容が薄い」と感じる人に向けて分野を絞って紹介しています。

現在【解熱鎮痛薬】【風邪薬】【花粉症】の3を公開していますが、たったワンコインで数千円分の知識が深く手に入ると自負しています。気になる方は目次だけでも見ていってください。

誰も教えてくれない市販薬の参考書