虫刺されの薬

効果最優先!蜂に刺された時のおすすめの市販薬!!

 

蜂に刺された時に痛みやかゆみや腫れが続くと困りますよね。

しかしできれば病院には行かずに市販薬でどうにかしたいと考えると人も多いでのはないでしょうか。

 

ただ市販の塗り薬を見ても多くの薬に「虫刺され」と効能効果に書かれてあっても、実は効果がいまいちだったりする事も多々あります。

 

そこで今回は蜂に刺された時のおすすめの市販薬の選び方を紹介しています。

蜂に刺された後の人も、これから山登りやキャンプに行く人などぜひ参考にしてみてください。

 

蜂に刺された時に効果の高い成分

 

蜂に刺されたら次のいずれかの成分が入っている塗り薬を選びましょう。

 

・ステロイド

・抗ヒスタミン薬

 

この2つになります。ではこれを選ぶ理由を紹介していきます。

 

ステロイドを選ぶ理由

蜂に刺されるというのは蜂の毒によりアレルギー反応が起こっている状態です。

「アレルギー反応」とは、「体の外からの異物を排除しようとする反応」の事で、蜂の毒が皮膚に刺さる事で体がそれを異物とみなし排除しようとする反応です。

ちなみに似た様なアレルギー反応に花粉症が挙げれます。花粉症では花粉を異物とみなし、それを排除しようとする反応のためくしゃみや鼻水が出てしまうんですね。

 

そして蜂によるアレルギー反応が起きてしまうと皮膚が赤く炎症を起こしたり、痛みを伴ったりします。

 

そこでステロイドはそれらのアレルギー反応を強力に抑えてくれる働きがありますから、蜂に刺された腫れや痛みを抑えるのにベストな成分となっています。

 

抗ヒスタミンを選ぶ理由

上でも紹介しましたが蜂に刺されるとアレルギー反応が起きています。

そしてこれのアレルギー反応の時に「ヒスタミン」と言う物質が放出されます。

このヒスタミンにより「かゆみ」だったり「皮膚の腫れ」を起こしてしまうのですが、抗ヒスタミン薬はこのヒスタミンの放出をブロックする事でかゆみや炎症を抑える事ができるのです。

ただしこの抗ヒスタミン成分のみしか配合していない場合は炎症を抑える効果などが弱いため、できれば「グリチルレチン酸」などの炎症を抑える成分も一緒に配合されてある方が効果的になります。

 

蜂に刺された時におすすめの塗り薬

腫れや痛みが強い時はフルコートfやベトネベートN軟膏AS

もし蜂に刺された後の症状がひどい場合はフルコートFやベトネベートN軟膏ASを使用しましょう。

この2つは市販薬の中では最も強いステロイドを配合している塗り薬になります。

またステロイド以外にも抗菌成分も配合しているため、刺された部分が傷になっていたりジュクジュクしている時はさらにおすすめです。

 

また傷にもなっていない、ジュクジュクもしてないと言う場合は同様に最高ランクのステロイドを配合しているベトネベートやリンデロンVsという薬もあります。

 

症状が中程度にはウナコーワエースやムヒアルファEX

一番強いステロイド使用するまで症状がひどくない場合はウナコーワエースやムヒアルファEXを使用しましょう。

ウナコーワエースはウナコーワシリーズの中で最も効果の高い塗り薬ムヒアルファEXはムヒシリーズの中で最も効果の高い塗り薬になります。

 

ウナコーワエースは上で紹介したフルコートfと比べてワンランク下の強さのステロイドを配合している塗り薬になります。また爽快感のある成分や抗ヒスタミン成分も配合しています。

 

手元にムヒしかない人はムヒでもOK

もし手元にムヒがある人はとりあえずムヒを使うのもアリです。

例えば最もメジャーな液体ムヒS2aはステロイドを配合していまうので症状を落ち着ける事も可能です。そして価格も安いです。

 

配合されているステロイドはウナコーワエースやムヒアルファEXよりも弱いステロイドになりますが、それでも効果は十分ですので安心してください。ただし液体タイプなので染みる可能性もあるため注意してください。

 

もし軟膏タイプが良い人はオイチミンDオイラックスAがおすすめです。

オイチミンDの価格は定価10gで700円、27gで1400円。

オイラックスAの価格は定価10gで800円、20gで1600円となっています。

 

もし蜂に刺された時にステロイドが配合されていない薬を使用するならばメンソレータムADはかなりおすすめの塗り薬になります。

 

と言うのもかゆみや痛みに効く成分を3種類も配合し(クロタミトン・ジフェンヒドラミン・グリチルリチン酸・リドカイン)、皮膚の修復を高めるトコフェロールを配合しています。

ステロイド非配合ですが有効な成分をかなり詰め込んでいる塗り薬になっています。

 

蜂に刺された時に薬を塗る前にまずやること

刺された毒針を抜き取る

毛抜きやピンセットなどで針を抜きましょう。

この針を放っておくと徐々に毒素が体内に入ってしまいます。

 

その際に、患部をつまんで針を抜こうとすると毒素が回ってしまいますのでピンセットなどがない人はカードなどで払うようにして針をとるようにしましょう。

 

水で洗い流す

入り込んだ毒を洗い流します。

刺された部分を絞り込むような感じで水と一緒に洗い流してください。そして手を清潔にしてから薬を塗るようにしましょう。

 

蜂刺されで病院に行く目安

蜂に刺されて最も恐ろしいのはその痛みやかゆみ以上に「アナフィラキシーショック」になります。

 

アナフィラキシーショックとは過剰な免疫反応により起こる症状です。呼吸困難になったり血圧が急激に下がる症状が起きます。時には死に至るケースもあります。

もし以下の症状が起きたらアナフィラキシーショックの可能性が高いので注意してください。

・じんましん・発赤・かゆみなどの皮膚症状

・息切れ、咳、呼吸困難などの呼吸器の症状

・口や舌・まぶたが腫れるなどの粘膜の症状

 

そしてそれらに加えて血圧の低下、失神、嘔吐などが複数起きた場合にはすぐに病院に行くようにしましょう。そしてこれらの症状がいったん回復しても、再度時間を置いて発症する事があるので十分注意してください。

 

また皮膚症状がひどい場合でも皮膚科を受診するようにしましょう。

市販薬の売り方を学びたい人へ

このブログを読んでくださる方は薬剤師や登録販売者の方も多いですが、そういった市販薬を学ぶ人のための攻略本を書いています。

「参考書は広く浅く値段も高い」「自分が勉強したい分野の内容が薄い」と感じる人に向けて分野を絞って紹介しています。

現在【解熱鎮痛薬】【風邪薬】【花粉症】の3を公開していますが、たったワンコインで数千円分の知識が深く手に入ると自負しています。気になる方は目次だけでも見ていってください。

誰も教えてくれない市販薬の参考書