ステロイド軟膏-市販薬で強い軟膏を一挙に紹介!-

カテゴリー別人気記事

 

ステロイドの軟膏は病院で貰える薬を含めて5段階に分かれます。

 

もっとも強力

かなり強力

強力

中程度

弱い

 

そして市販のステロイド軟膏は赤文字の

「強力」「中程度」「弱い」の3種類が発売されています。

 

残念ながら「かなり強力」と「もっとも強力」に関しては効果が強いため、市販で手に入れる事はできません。病院を受診する必要があります。

 

そこで今回は市販の中で最も強いステロイドを紹介していきます。

 

強いステロイドはブヨなどの炎症がひどい虫刺されや、あせもや皮膚炎などにも効果を示しますので、皮膚症状がひどい場合ぜひ参考にしてみてください。

 

市販薬の中で最強のステロイド2選

・ベトネベートN軟膏AS

ベトネベートN軟膏Asの紹介

・フルコートf軟膏

フルコートfの紹介

ベトネベートN軟膏As及びフルコートfは市販のステロイド軟膏の中で最も強いステロイドを配合しています。

 

そしてこの2つには抗生剤も配合されていますので、菌の増殖を防ぐ事ができます。

つまり傷口がジュクジュクしていたり化膿している場合にも効果を発揮します

この2つが市販のステロイド軟膏の中で最も作用の強いものとなります。

 

※ちなみに病院で使用されるステロイドの塗り薬で有名なリンデロンV軟膏という塗り薬はベトネベートと同じステロイドになります。

 

ベトネベートとフルコートの違いと選び方

ベトネベートとフルコートの効果は特に大きく違いませんので値段が安い方をおすすめします。

実際のネット上ではベトネベートN軟膏ASの方が安くなっていますので、もしネット上で購入を考えている人はベトネベートN軟膏ASを購入する方が財布にも優しいでしょう。

 

 

また、化膿していなかったり傷にもなっていない場合には抗生剤は不要ですので、その場合はベトネベートクリームを選びましょう。こちらは軟膏ではなくクリームになります。

 

クリームの方が塗り心地がよく伸びも良いですが、軟膏と比べると水に弱く落ちやすいです。

 

中程度の強さのステロイドはたくさん

強いステロイド軟膏は上に挙げた2つぐらいしかありませんが、中程度の強さのステロイドは非常にたくさんあります。

そんな中程度のステロイドを全部挙げるとキリがないので特におすすめなステロイド軟膏を紹介していきます。

 

・ドルマイコーチ軟膏

ドルマイコーチ軟膏

こちらは中程度のステロイドと抗生物質が2種類配合されている軟膏になります。

上に挙げた市販薬最強のステロイドと似たような形ですね。

ただワンランク下の強さのステロイドなので価格も安めです。

価格

850円(6g)

 

 

・新エミリエントEX

新エミリエントEXの紹介

 

軟膏ではなくジェルタイプですが、効果はかなり高いです。

中程度のステロイドはもちろん、かゆみに効く成分が3種類配合されています。

価格

829円(20g)

 

 

・メンソレータムメディクイックHゴールド

メンソレータムメディクイックHゴールドの紹介

「頭皮専用」の様にパッケージに書かれていますが、実際は頭皮以外にも広く使用する事が可能です。しかも炎症やかゆみを抑える成分も配合しています。

軟膏タイプではありませんが、べたつきのない爽快感を感じる事ができます。

価格

1200円(30ml)

 

 

・エフェクトプロ軟膏

エフェクトプロ軟膏の紹介

ステロイドに加えて炎症を抑える成分を1種類、かゆみを抑える成分を3種類配合してます。軟膏以外にもクリームも発売されています。

価格

999円(6g)

 

エフェクトプロはかゆみに関してはかなり強力なので、こちらでもさらに詳しく紹介しています。

市販薬かゆみ止め最強はエフェクトプロ

 

 

・リドベートQゲル

こちらは上のエフェクトプロ軟膏に大変似ています。

かゆみや炎症への効果は同じです。ゲルタイプなのでべとつきや爽快感があります。

価格

832円(20g)

 

 

・エンクロン軟膏EX

エンクロン軟膏EXの紹介ステロイドに加えて、かゆみを抑える成分も2種類配合されています。

量が少ない分値段も若干ですが安めです。クリームタイプも発売されています。

価格

945円(6g)

1271円(12g)

 

 

・ムヒアルファEX

ムヒアルファEXの紹介言わずとしれた有名なムヒシリーズのひとつです。

中程度のステロイドに加えてかゆみを抑える成分が2種類配合されています。

価格

1082円(15g)

 

強いステロイドは市販薬でも顔には使えない

ステロイドを使用する際の疑問として顔に使用できるのか否かという疑問があります。

そしてこの答えとしては「強いステロイドは顔には使用しない方がいい」と言えます。

 

少なくとも今回紹介した市販の中で「最強のステロイド」と「中程度の強さのステロイド」はおすすめしません。

 

もし症状がかなりひどい場合は短期間・ピンポイントで使用するのであればいいですが、それ以外の場合は顔には使用しないでください。

また顔以外にもわきやデリケートゾーンも皮膚が薄いため使わないようにしましょう。

 

もし顔にステロイドを使用したい場合は今回紹介したものより強さのランクが下がるものを選ぶようにしてください。

例えばロコイダンクリームセロナ軟膏などはステロイドの中でも弱いタイプになりますので顔に使用するならばおすすめです。

ただしその際にも長期間使用するのはやめるようにしてください。

 

ステロイドはニキビにも使わない

ステロイドは炎症を抑える作用があるためにニキビに用いる人もいますが、これは避ける様にしましょう。

 

確かにステロイドは赤ニキビ等の炎症を抑える事ができるため、効果を実感できる場合もありますが、ニキビの原因は「菌の感染」によるものになります。

 

しかしステロイドの塗り薬は免疫を抑える作用があり、結果菌の増殖を助けてしまう事になってしまうんです。

 

ですからニキビがひどいからと言ってニキビには使用しないようにしましょう。

また同様に水虫などのかゆみや陰部のかゆみに対しても使用しないでください。

 

1日に塗るステロイドの回数について

ステロイドの塗り薬には「1日数回使用してください」と書かれています。

しかし「数回」と言われても何回塗れば良いのか分かりませんよね。

そこでステロイドの1日の使用回数ですが、この場合1日2~3回を目安に使用するようにしましょう。

そして症状が改善してきたら回数を1~2回に減らし、最後にはゼロにしてください。

 

「1日に5~6回使ってはいけないのか」と思われるかもしれませんが、回数を増やせば治りが良くなるわけではありませんので注意しましょう。

また使用する期間は1週間弱を目安に使用してください。

 

ステロイドの軟膏とクリームの違い

ステロイドの塗り薬には大きく軟膏とクリームがあります。

ではこの2つの選び方を簡単に紹介します。値段の差は基本的にありません。

 

軟膏・・汗や水で落ちにくいが、べたつきやテカりが気になりやすい

クリーム・・伸びがよくべたつきが少ないが、汗などで落ちやすい

 

以上の通り使用感が異なりますので、自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。ただ中には軟膏が思った以上にべたつくと言う人も多いため、最初はクリームタイプを選んだ方がいいかもしれません。

特に顔に使用する時はクリームの方がおすすめです。

 

ステロイドと保湿剤は併用可能

ステロイドを使いながら乾燥を防ぐためのヒルドイドやワセリンなどの保湿剤を一緒に使用しても問題ありません。

むしろ乾燥がある場合は積極的にこの2つを使用することをおすすめします。

そしてその際に塗る順番ですが、ステロイドが先でも保湿剤が先でもどちらも構いません。

特に治療効果に差は出ませんので好きな方を先に塗る様にしましょう。

 

ステロイドの飲み薬は市販では購入不可

今回ステロイドの塗り薬について紹介してきましたが、では飲み薬は市販では販売されていないのかと言うと、ステロイドの飲み薬は市販では購入する事ができません

そもそもステロイドの飲み薬は効果も副作用も強いため、医師の監視の下でしか使用する事ができません。自己判断で簡単に使用できる薬ではありません。

 

また皮膚のかゆみなどでステロイドの飲み薬が処方されるケースもアトピーなどの余程ひどい場合でない限りありませんので、まずは市販の塗り薬で対応しましょう。それでも改善がない場合は病院を受診する事をおすすめします。

 

ステロイドの塗り薬は危険ではない

「ステロイドは危険だから使わない方がいい」と度々言われる事がありますが、ステロイドが危険なのは飲み薬の方を指す事がほとんどです。

少なくとも塗り薬のステロイドを適切に使用している限り危険な事はほぼありません。

むしろステロイドは適切に使用すればこれほど効果的な薬もありませんので、正しい使い方をして症状を早く改善させましょう。

 

ただ塗り薬のステロイドの副作用ももちろんあります。

例えば皮膚が薄くなったり血管拡張作用により血管が浮き出て見えるなどが起きたりする事もあります。

また陰部や顔や首などは皮膚が薄いため、今回紹介したステロイドは使用しないようにしましょう。

 

そして上でも紹介しましたが、ステロイドは免疫を抑える働きもありますので、もしニキビやヘルペスなどに使用する場合には症状が悪化する可能性があるのでその場合は使用を避けるようにしてください。

 

終わりに

市販のステロイドの中で強い塗り薬を紹介してきました。

ステロイドには多くの種類があり、どれを使えばいいのか迷うこともあるかもしれませんが、ステロイドの強さと自分が使う身体の部位が分かれば選ぶのはそこまで難しい事ではありません。

またそれ以外の選び方としては軟膏は落ちにくいがべたつきがある。クリームはその逆でべたつきはなく塗り心地は良いが若干落ちやすいなども選択肢になりますので、こちらも同様に自分に合っているのはどちらかと考えて選んでみてください。

 

ステロイドは怖いというイメージがある人も多いと思いますが、実際はダラダラ長期間広い範囲で使用しなければほぼ問題が出る事はありません。

ですので皮膚の症状がひどい時は強めのステロイドを使ってなるべく早めに治すようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする